夫と別居する。

60歳を過ぎた夫は、無職で家でごろごろしていた。
半年ほどそうして暮らしていたので、私の負担は大きかった。

そんな夫が職を見つけてきた。
会社の社長が不動産を経営しているので、そこを借りて住まいしながら、仕事をするという。

アパート代は職員なので、普通の半額以下にしてくれるのだという。
自宅から会社までの距離を考えると、ガソリン代も馬鹿にできない。

ガソリン代とアパート代を考えると、アパートにいて仕事する方が余計に働くことができるという。
結局夫は、下着などのかんたんな荷物をまとめて自宅を出て行った。
お金を儲けるためだから仕方がないという。

ためなら仕方がないと思い私も納得した。
以後夫とは別居生活が続いている。

1週間に一度くらいは洗濯物を抱えて、自宅に戻ってくる。
私も仕事が休みの前の日には、夫のアパートに出かける。

8畳一間のアパートだ。
小さな風呂場とトイレが一緒になっている。
玄関をはいるとすぐに小さな流し台がある。

若い人の一人住まいの部屋だ。
夫はなぜか精神的に若返ったような気がする。

一人で住むことがうれしいのかしらと思ってしまう。
私は、夫が不在の家にいて、夫の存在は意外と大事だったことを認識する。

何もしない夫でも、家にいるだけで精神的に落ち着くものだと思った。
不在にならなければ認識できないことだった。

同じように、夫も妻の存在を大事に感じただろうか?
もしそうなら、うれしそうにいそいそとは出かけないだろう。

銀行からお金を借りるためのポイント

いつまでにお金が必要なのかをはっきりさせる

お金を借りる場合、元金に金利をプラスして返済しなくてはなりません。金利は借入れる側にしてみれば出費になってしまうわけですから、当然低いほうが良いでしょう。金利の低い金融機関は銀行や信用金庫です。ただし多くの銀行のカードローンは即日融資には対応していません。カードの発行や郵送に時間がかかってしまい、手元にカードが届くまでは取引できないことも多くあります。そのためすぐにお金が必要な場合は消費者金融を当たったほうが手っ取り早く契約することができます。また消費者金融は審査も銀行と比べると緩くなっているため、銀行では落ちてしまうような人でも借入ができる可能性があります。審査に手間取ってしまうとすぐにお金が必要なときに借入ができなくなってしまうため、本当に貸し出してくれるような金融機関を狙い撃ちして申込をすると良いでしょう。また短期間にたくさん申込をすると、申込ブラックという状態になってしまうこともあります。

返済の必要がなくなります

無職でも行なうことが出来る債務整理としては、自己破産があります。手続きをすると、一定の資産を除いて、その全てを返済に充てる必要があります。自動車やパソコンなどについては、生活上必要が無いと判断された場合には、没収されることになります。
なお、自己破産については弁護士に手続きを依頼する必要があります。この手続の際にはお金が必要となります。お金を一括に支払う事が出来ないという場合には、分割払いや後払いなどの方法が用意されている事もありますので、そのようなところに依頼するようにしましょう。なお、相談については無料で行なっているところも多くあります。

銀行のカードローンの内容

カードローンのメリット

多くの金融業者が取り扱っている個人向けカードローンは、即日融資が期待できるスピード審査を実施していることが魅力の商品で、キャッシングとも呼ばれており多くの人が利用しています。投機や事業目的での利用は禁止されていますが、個人としての資金使途は自由であり、お金が足りない時には非常に頼りになる存在です。
カードローンは、業者ごとに商品内容には違いがありますが、20歳以上で安定した収入を得ている人を対象としているのが一般的であり、正社員だけに限定しているわけではありません。このために、アルバイトや派遣社員、パートタイムでも利用可能で、これらの手段により定期収入を得ている主婦や学生の利用者も少なくはありません。
(参考)即日借入は、まずはキャッシング審査!

1年を振り返って

このように、幅広い属性を対象としていることと申し込みからお金を借りるまでに時間がかからないということが、キャッシングと呼ばれている商品のメリットと言えます。

今年は時間があるようでない年だったなと思っています
なぜかといえば、1年前に立てた目標がすべて達成されていないんですよ
自分自身遊びすぎたのかなと思うのですが、それ以外にも理由はあると思うんです。
そして、理由をよく考えてみたんですが一応はわかりました
多分これが悪いんじゃないかって思うものを上げていこうと思います

一つ目に、一番初めに立てた時と今の環境が変わっていてその目標自体が無理になってしまっていること

二つ目に、目標や計画を確認する機会があまりなかったこと

三つ目に、自分の身丈に合いそうで合わない目標だったんじゃないか?
借金をしまくった私の友人は自己破産しました。借金総額は300万円。こんな小金で自己破産するのも問題と言えば問題であります。
ただ、私もカードローンのアコムを利用してますが、収入は安定してますし、返済計画もしっかりしているので、友人のような失敗は犯しません。
アコムは、アルバイトやパートでも収入があれば、アコムの審査は可決します。むろん、学生でも問題ありません。

という、3つが原因ではないかって思っています

では、それを解決するために何をどのようにしたらいいかと自分なりに考えたのですが、素人の考えなので失敗するかもしれないので参考程度に見てもらえれば幸いです
1つ目を解決するにはまず、2つ目の確認する機会を増やし、やり方や目標を無理のないように週単位で変えていけば解決すると思っています

では、2つ目を解決するにはどうしたらいいかといいますと、簡単なようで難しい話ですが、家に帰ったり、会社や学校などの場所についたときに必ずスケジュール帳を見る習慣をつければいいんじゃないかと思っています
上の2つを達成できればおのずと3つ目の目標は解決できるのではないかと思っています
今書いたことを、自分ができるかは別なんですけどねw

それでも解決策がない場合には

家計の見直しなど支出を切り詰める方法も効果的ですが、返済が苦しくなっている場合にはそもそもの収入が不足している状況が出てきます。支出を切り詰めるだけでは解決できないことも多いため、別の手段を考える必要があります。不要なものを売却しても、一時的なものでしかありませんので家計全体を改善することが求められます。多重債務の場合にはそれが原因で毎月の返済額が多くなってくるため、金利の低い他社の融資に借り換えることも有効です。また複数の借り入れを一本にまとめることで支払いの負担を大きく低減することも可能です。おまとめローンと呼ばれていますが、複数借り入れをしている場合には融資審査が不安になってきます。現状では総量規制によって、一人が借り入れできる上限額が決められていますが、もちろんおまとめローンも対象になります。しかし総量規制には、借り手が一方的に有利となる融資に関しては総量規制の対象外となる例外があります。おまとめローンによって金利の負担が軽減され、返済がスムーズに行えるようになるため例外として認められているのです。現実にはそれぞれに借り入れの状況が異なるため、まずは金融業者に相談する必要があると言えます。